◇甥がサラ金の借金100万円を返せず、唯一の肉親であるわたしのところに、取立屋が連日押しかけてきました。無理やり払わされたのですが、連帯保証人でもないのに納得いきません。お金を取り戻せないのでしょうか……?

保証人でなければ、たとえ家族・親族でも法律上の返済義務はありません。しかし、保証人でもない家族や親族が、身内の借金を肩代わりするケースは少なくないのです。なお、借金を借主以外が肩代わりすることは認められていますし、本当に自分の自由意志で支払う限り、そのこと自体に問題はありません。

しかし、肩代わりを拒否したのに、しつこく親族に返済を請求し続ければ問題です。たとえば、悪質なサラ金は、はっきりわかるような暴力沙汰や恐喝的請求はしないまでも、「家族なら払うのがあたりまえだ!」

「法律的な責任はなくても道義的な責任はあるだろう!」と迫ったり、ときには「返済しないと、息子を詐欺罪で告訴する。息子は刑務所行きだぞ!」などと、脅し同然の言葉で支払いを迫ります。

いわゆるヤミ金業者のように、暴力をふるったり、連日長時間居座って恐喝そのものの取立てをするというのなら、110番すればいいのですが、登録業者がただ毎日押しかけるというだけでは、駆けつけた警官は、その場で相手に注意するだけでしょう。

また、請求を受けた親族らも「世間体が悪い」とか「親族の将来も考えて」とかいう理由で、法律上、自分らに返済の義務がないのを知っていても、返済の肩代わりをしてしまう人が多いのです。それが、業者の狙いなのです。しかし、貸金業法は、保証人以外の第三者に借金の肩代わりを要求すること自体、禁止しています。

 

ウシジマ君に代表されるように、ヤミ金をテーマにした作品というものがたくさんあります。こういったものの多くがフィクションなのですが、ヤミ金の映画や漫画の中には実例を題材にしたものも多く、ヤミ金の映画で学ぶものというものも数多くあります。

まず、取り立てですが、ヤミ金の映画を見て実践しているという金融業者もいるほど、ヤミ金の映画はよくできていますから、ヤミ金を一度でも利用してしまうと、どういったことが起きるのかということはヤミ金の映画をみているとよくわかります。

そのほとんどがヤミ金を利用しまったために、通常の生活ができなくなった人というもので、どのぐらい生活が破壊されていくのかというのがよくわかると思います。

作品としてみている分には、おもしろかったりもしますが、実際に自分に置き換えて考えてみるとどうでしょう。本当におそろしいと思うはずです。

その暴利もそうですが、嫌がらせひとつとってみても自分に起きたら……と怖くなるはずです。さすがに家を破壊しまくるヤミ金というのは現在では少ないですが、昔は本当にそういうこともありましたからね。

規制が強くなったとはいえ、何があってもヤミ金には手を出さないようにしなければいけません。

初めての脱毛は痛みが心配ですよね? 脱毛の痛みはサロンの使う脱毛機やケアで異なりますが、個人によっても敏感肌や、その日の体調などによって、さまざまな要因で痛みを感じてしまう人やそうでない人に分かれるのです。

しかし、最近の多くの脱毛サロンは光脱毛が主流で、痛みも少なく、肌へのダメージもほとんどなく、美肌になれると効果は評判になっています。

また脱毛する部位によって痛みも変わってきます。太くて濃い毛が多いワキやVラインやデリケートゾーンは痛みが強く感じられ、腕や背中などは逆に痛みをあまり感じない人が多いようです。

初めての脱毛で痛みを心配していた方も「痛くない」とおっしゃる方がほとんどで、万が一傷みを感じ我慢出来ないときは、その旨をスタッフに伝えれば光の出力を弱めたり、それなりの対応・対処をしてくれますよ。また体調が悪いときの痛みの感じ方と体調が万全のときの痛みの感じ方は違います。

しかしながら、脱毛サロンの光脱毛は光の波長がクリニックなどの波長より弱い設定になっているので、火傷などの心配もなく、あっと言う間に施術が終わるので、安心して脱毛を受けることができるはずです。

脱毛サロンが人気なのは痛みがほとんどなく、ダメージも少ないことが理由ですから、心配せずトライしてみてはいかがですか?