ニードル脱毛のメリットとデメリット

ニードル脱毛とは、毛穴に直接針を差し込み、電気を通す電気脱毛のことを指します。近年ではレーザー脱毛や光脱毛が普及し、人気を呼んでいますが、レーザー脱毛や光脱毛が普及する20年くらい前まではこのニードル脱毛が一般的でした。

ニードル脱毛のメリットは、1本ずつ丁寧に施術を行うため、仕上がりにムラがなく、綺麗に仕上がることです。また、レーザー脱毛や光脱毛のようにうぶ毛や色素の薄い毛が残る心配もありませんし、永久脱毛が可能です。

ニードル脱毛のデメリットは、なんといっても非常に痛いことです。また、費用もレーザー脱毛や光脱毛と比べ割高であるため、以前のようにニードル脱毛を受ける人は急激に減少しつつあります。

そして、レーザー脱毛や光脱毛とは違い、施術する側の腕によって脱毛結果にかなり差が出ることと、時間がかかるという欠点もあります。しかし、クリニックでは医療行為が行えるため、麻酔を使って施術を行う事が可能です。うぶ毛も色素の薄い毛も全部綺麗に取り除きたい方は、クリニックでの麻酔を使用した施術を選択することをお勧めします。

ニードル脱毛を受ける際には、必ず注意することがあります。それは、レーザー脱毛や光脱毛とは違い、必ず自己処理は行わない事です。私が以前ニードル脱毛を受けたサロンは、事前説明が全くなかったため、無知な私は「少しでも綺麗に見せよう」と思い自己処理をして行きました。

しかし、いざ施術を受ける時「自己処置したら施術ができないんですよね……」と言われ、わずかに生えているムダ毛のみの処理となった事があります。

ニードル脱毛は生えている毛の根元に針を差し込み、電気を通す施術方法です。ですから、施術を受ける際は、自己処理をしないように注意してください。

医療脱毛 恵比寿のレヴィーガクリニックで痛くない脱毛が実現しました! レヴィーガクリニックで使用しているマシンは、毛包だけを標的に少しずつ温度を上げ破棄する蓄熱型脱毛なので、肌への負担も軽く、医療レーザーでも痛みはほとんどありません。