正確な体脂肪率を知るにはどうしたらいい?

肥満かどうかの決め手となるのは、何より体脂肪率の高さです。それによって、筋肉太りか脂肪太りかを見極めることが第一歩です。まず、体脂肪が多いか少ないかは、体格指数BMIから大まかに把握できます。

ただし、BMIからは、体脂肪何パーセントかまでの測定はできません。より具体的に知りたい。となれば、手っとり早いのが、家庭用の体脂肪計や、脂肪計つきヘルスメーターを使って測定する方法です。

それにしても、文明の利器は、カラダの中身を見透かしてしまうのだから、すごいとしかいいようがありません。その仕組みがどうなっているのか気になります。

たいていの製品は、軽い電流をカラダに流し、体内水分量から体脂肪率を割り出します。つまり、直接体脂肪に働きかけるのではなく、水分に働きかけて、脂肪の量を判断するのです。

そこで、この場合、測るタイミングによっては、数値にばらつきが出てしまいます。運動や入浴後など、汗をたっぷり出したあとは、体内の水分量は減り、体脂肪率は高めに計測されます。

逆に、食後など水分を補給したあとは、低めに出やすいのです。だから、できるだけ同じ時間帯を選んで測る必要があります。就寝前に測る、と決めておけば、水分量も安定し、比較的正確な体脂肪率を測定できるでしょう。

スリムビューティハウスのキャビテーション 効果は、見た目だけでお腹や足がスッキリ! 不思議ですが、お腹をやってもらったのに、脚までも細くなりました。キャビテーションはスリムビューティハウスが魅力的! 美容外科の脂肪吸引とは違います。