カードローンや低金利融資の注意点

グレーゾーン金利の撤廃により、キャッシングやローンの融資の貸付金利は20%が上限になりました。
法改正によって違法な金融会社に対する罰則が厳しくなったので、透明性もアップしたのではないでしょうか。
近年、キャッシングやカード融資の借入の利便性がたかあり、見通しを立てずに軽い気持ちで借りる人が一気に増えました。
しかし、借金は返さなくてはなりません。無理のない借入を心がけましょう。
毎月安定した収入がない場合、カードローンや計画性のない借り入れは危険です。
金融法の改正によって、年収の1/3を越える借入は認められなくなりました。
借り入れた金額が小口でも、月々の返済に利息もつきますし、遅滞すれば完済までの道はどんどん遠くなります。
融資する方の金融会社も、新規の顧客を獲得するため新しい金融サービスをどんどん展開しています。
三井住友銀行グループのプロミスは、初回30日間無利息のキャッシングや、8%前後の低金利で融資を行っています。
カードローンのメリットは、短期の借入を便利に使えることですが、借入期間が長期化する場合は注意が必要です。
短期間で返済できずに無利息のキャッシング期間をオーパーすると、完済が難しくなります。低金利でも融資を受けることは

借金を作ることにほかなりません。そのことを決して忘れないようにしましょう。